ツイート

Q&A『日本語教育実力養成コース』に関するよくある質問

「よくある質問」一覧です。お問い合わせの前にご確認ください

アテイン株式会社
TEL 03-3255-4721
Mail

eラーニング教材について
eラーニングとは何ですか?

eラーニングとは、パソコン、スマホ・タブレット、
インターネットなどを利用して教育を行うことです。
リアルな学校と教室での学習と比べて、
遠隔地にも教育を提供できることや、パソコンや携帯端末、
タブレットなどが利用できるのが特徴です。

現在、eラーニングは企業の社内研修と
学校の通信制学科に多く用いられています。

eラーニング教材は重要な点、複雑な作業も順を追って
わかりやすく解説しています。
映像で確認できるので、学習効果が上がります。

時間・場所の制約がなくなり、運営コストを抑制できます。
(弊社サービスではPC、iPhone、iPad、Androidに対応しています。 所謂ガラケーには対応していません。)

eラーニングシステムの導入について
教材のコンテンツを見たいですが、どうしたら良いですか?

『日本語教育実力養成コース』の
YouTubeチャンネルと専門サイトを開設しております。
そこで教材のサンプルをご覧いただけます。

【YouTubeチャンネル】
http://www.youtube.com/user/JapaneseTeacherJPN
【専門サイト】
http://www.attainj.co.jp/nihongo/

eラーニングシステムの導入料金はいくらですか?

価格は、利用人数やご利用期間などによって異なりますので、 お問い合わせください。

eラーニングの設定って難しくて、複雑ですか。

難しいサーバーへのインストール、設定は不要です。 高価なシステムの導入の必要もありません。
弊社がLMSの設置設定を行い、
ご案内するウェブサイトからご利用いただきます。

すでにLMSを導入済みの大学・企業などは
コンテンツだけを利用できますか。

可能です。既にLMS(あるいはそれに代わるシステム)を持っている大学・教育機関・企業・団体様が対象です。 『日本語教育実力養成コース』のコンテンツをデータで提供します。ただし社外、校外へのアクセス制限は行っていただきます。

『日本語教育実力養成コース』のコンテンツ以外に、
他のコンテンツも付属できますか。

できます。
ビジネス基本スキル習得教材セットやMicrosoft Office習得教材の講座などのコンテンツを付けることができます。
弊社のオンラインコンテンツ配信サービスである
動学.tv(講座数550以上)を企業・大学内の教育に
活用していただけます。

他にも様々なコースをご案内可能です。
詳細はアテイン株式会社までお問い合わせください。

管理機能を使わないですが、
管理人がいなければeラーニング提供は出来ないのでしょうか?

いえ、管理人がいなくても
LMSによるeラーニング提供が可能です。
その場合は共有のLMS(個人学習向け)で
学習していただけます。また、個人でご利用したい場合は、
DVDでのご購入をお勧めします。

契約期間を教えてください。

大学、短大、専門学校といった
学校内でのご利用の場合は契約期間が1年となります。
企業内の場合は 最低契約期間は半年です。

コンテンツについて
何言語に対応するのですか。音声も外国語ですか。

対応する言語は日本語、中国語、英語とミャンマー語です。

今後対応言語が拡大する予定です。
本編の音声は日本語のみです。

(当サービスにおける外国語版というのは、
外国語字幕対応を指します。)

外国語版のコースを配信するのも同じ料金ですか。

はい、同じ料金でコンテンツを提供しております。

海外でも視聴可能でしょうか?

はい。世界各地でご視聴いただけます。 ※一部地域を除く(ネットインフラ整備の状況あるいは一部のアクセスに制限のある地域によっては視聴できない場合があります。該当地域でご利用の際はお問い合わせください。)

サンプルLMSサイトからご視聴が可能かどうか事前にご確認いただくと安心です。

講義映像の合計時間はどれぐらいですか。
受講について
eラーニング教材を繰り返して視聴することはできますか。

契約期間内であれば、何度でも視聴していただけます。

講義資料はどこからもらえますか。

eラーニングシステム内に事前学習テキストと
副読本テキストのPDFが付属しています。
ダンウロードも印刷も可能です。

テスト問題がありますか。

あります。各部に4 肢選択問題が10問付いています。

他社のサービスプラットフォームで配信する場合でも
テスト問題が付きますか。

はい、付いています。その場合はテスト問題をファイルでお渡しすることになります。

勉強方法について教えてください。

『日本語教育実力養成コース』の学習コンテンツでは、
実際に日本語教師養成の理論を扱いながら学ぶ、
実践的な学習を目指しております。

より効率的に学習するため、まず、
講義の映像を見る前に、事前学習テキストを確認してから
講義映像を視聴してください。

講義の内容が理解しやすくなります。

また、副読本のpdfファイルが
無料でダウンロードできますので、
印刷してご利用頂いても結構です。

学習後には、テスト問題を通して、
学習者は自分の学習理解度をチェックすることができます。

管理機能について
LMSとは何ですか。

LMS (Learning Management System)とは、
eラーニングの運用に必要な機能を備えた管理システムのことで、 学習管理システムとも呼ばれます。

LMSは、一般的には次のような機能を備えています。

  • ・学習者の登録、変更、削除・教材の登録、学習者への教材の割り当て
  • ・学習者個人の学習履歴、学習進捗状況、成績の管理
  • ・成績集計、統計分析機能
  • ・情報共有用の掲示板の設置や、学習者に対するメール送信

システムによっては、学習者の行動を把握して
教材の改善に役立つ分析機能や、学習意欲を維持、
向上させるための機能などを備えるものもあります。

また、異なるLMSでも同じ教材が利用できるように、
SCORMと呼ばれる標準化がなされています。

標準化により、高品質な学習教材が
安価に提供されるようになると期待されています。

(当サービスにおける管理者が使用するLMS機能は、
学習者とその進捗状況の管理がメインとなります。)

LMSのメリットって何ですか。

LMSにより管理者は個々の受講者の理解度を把握することが可能になり、受講者は自らの進捗状況を確認することができるので、双方に大きなメリットとなります。

管理者機能は携帯端末でも利用できますか。

はい、PCからだけではなく、
iPhoneやiPad、Android端末からでも利用頂けます。
受講状況や成績のチェックなども可能です。

受講者の登録方法

受講者の登録は、管理者の方に入力していただきます。 1人1人登録することもできますが、
Excelで作成したcsvファイルのアップロードによって一括で登録することもできます。

受講者の、パスワード、姓名、メールアドレス、 所属などの
情報変更は可能ですか。

はい、可能です。

管理者の変更は可能ですか?

はい、可能です。

◀Back△PageTop