日本語能力試験学習コース(外国人のための日本語講座)

オンラインテストサービス
「外国人アルバイト応募者への
日本語レベルテスト」

「日本語レベル オンラインテスト」サービス

「日本語レベル オンラインテスト」サービスでは、外国人のアルバイト応募者に対して、業種に応じて必要な日本語能力試験(JLPT)(※1)のレベルをチェックできる、オンラインテストをおこないます。

また、日本語レベルのチェックだけでなく、外国人がアルバイトをするのに必要な「資格外活動許可の有無」「在留カードの有効期限」「銀行預金口座(給与振り込み用)の有無」「携帯電話の有無」などのチェックも行います。(オプションで一般的な日本のマナーの理解や、基本的なモラルのチェックも可能です)

成績認定団体
NPO法人 国際職業開発協会 人材開発研究所
主催 アテイン株式会社

ご利用の流れ

  1. 企業様がアルバイトを募集
  2. 応募者はオンラインテストサイトで、アンケートと日本語オンラインテストを受ける。
  3. 企業様はフィルタリング結果を元に、お断りか、面接の案内を送る。

当サービスでは、日本語能力試験(JLPT)のレベルを基準にした日本語能力チェックをします。
レベルはN5~N1まであり、各レベルで可能な仕事内容としては下記のようなものが予想されます。

N1:
ほぼ日本人と変わらないコミュニケーションが期待できます。
N2:
大半の仕事をする上でのやり取りで問題がありません。接客が可能です。
N3:
接客の細かな応対は難しいので、接客業の場合は裏方が良いです。
N4:
流れ作業や軽作業など、清掃なども可能です。
N5:
流れ作業や軽作業など、指示が理解しやすいもの。

アテインの日本語オンラインテスト

短いオンラインテスト時間でJLPT(日本語能力試験)レベルを判定。
アンケートで、必要な個人情報と、在留カードの有効期限など基本的な条件も確認。
見やすいレポートで担当者に提出。

背景

年々、一部業界でアルバイトの人手不足が深刻化しています。
それに伴い、特に小売業や飲食業(コンビニやファーストフード)では
外国人のアルバイト採用が増えているようです。

外国人が日本企業で働くには各業種に合わせた日本語能力が求められます。日本語能力のレベルを確認するにはJLPT(日本語能力試験)の現在の取得レベルを確認するのが一番分かりやすいのですが、実際には過去に試験を受けて取得したレベルよりも、現在はさらに学習して高い日本語能力を身に付けている人は多いです。ですが、各店舗の面接担当者がそれぞれ外国人応募者全員の実際の日本語能力を見極めるのは困難で、とても負担になっていることでしょう。また、外国人応募者が日本でアルバイトできる条件を満たしているかどうかといった基本てきなチェックも人数によっては負担になっているかと思われます。