アテイン株式会社

映像教材制作・eラーニング制作・LMSサービス・SCORM
eラーニングソリューション/映像コンテンツ制作ならアテインにお任せください

プレゼン・授業・研究・ミーティングに最適な
PIPビデオプロセッサー「J-MPV-100」

「J-MPV-100」は、プレゼンや授業に特化した機能を持ち
PCやビデオカメラなど様々な機器の映像を合成出力します。

「J-MPV-100」は、プレゼンや授業に特化した機能を持ち
PCやビデオカメラなど様々な機器の映像を合成出力します。

企業の会議室、会場、学校の教室、研究室などに設置すれば、
インパクトのあるプレゼンや効果的な授業を行うことができます。

J-MPV-100 製品マニュアル ダウンロード

PC×2
PC+ ビデオカメラ
PC+顕微鏡( 書画カメラ)
スピーチプロンプター

※サイト内の画面はイメージです。実際に表示された映像のキャプチャではありません。

「J-MPV-100」機能概要

「J-MPV-100」は、プレゼンや授業に特化した機能を持つ
2画面を合成出力する装置です(PIPビデオプロセッサー)。

DVI(HDMI 接続可能)、VGA、コンポーネント(YPbPr)、コンポジットの入力端子を持つので、
PC だけではなくビデオカメラや書画カメラ、ビデオデッキ等の様々な機器を最大4台接続して、
うち2 つの入力を選択することができます。

そして、リモコンから PIP 表示(ピクチャ・イン・ピクチャ。メイン画面上に小さいサブ画面を任意の位置に配置可能)させたい2 つのソースを自由に切り替えることができます。

2画面を伸縮自在に配置するPAP(ピクチャ・アサイド・ピクチャ)モードは、
付属ソフトウェアを使用します。PIPの設定とは別で、装置本体に3パターン記憶可能で、
記憶後はリモコンから呼び出し可能です。

また、装置で処理された映像は2つに出力(VGA とDVI) することができるので、
分配器を別途用意することなくPC モニターとプロジェ クターなどに同時出力できます。
最大解像度は1080P/60Hz あるいは1920x1200@60Hz となっています
(入力は1080P/30Hz あるいは1920x1200@60Hz まで)。

他にもスワップ(2画面の入れ変え)、透過率調整、ポーズ(静止画として維持します)、
ズーム・パン、PIP の枠の有無、枠の幅と色変更、などの演出機能があります。

◀Back△PageTop

プレゼン・授業・ミーティングに役立つ効果的な機能

PIP(ピクチャ・イン・ピクチャ:サブチャンネルを小画面で表示)

リモコンから小窓の大きさ(3段階切り替え)を変えることができます。

小窓の大きさを変えられます

リモコンから小窓を任意の位置に移動できます。

小窓の配置を好きな位置に決められます

小窓の枠の表示非表示、枠の色を変えることができます。

黒、赤、青などの枠表示

メイン画面サブ画面の入れ替え

図やグラフ、カメラの映像を上下や左右に反転表示させることができます。
プロンプターにも使える機能です。

リモコンで画面を入れ替え

上下左右反転表示

図やグラフ、カメラの映像を上下や左右に反転表示させることができます。
プロンプターにも使える機能です。

上下左右反転

画面のフリーズ(静止画)

例えばPC で資料A を静止画表示しておいて、資料B を準備する操作を隠すことができます。
例えばカメラで説明対象を映して、その瞬間を静止画として表示させておくことができます。
例えばカメラを通して説明対象を次々に変える場合に都度対象に対して
カメラを構えておく必要がありません。顕微鏡カメラで静止画で解説したいときにも有効です。

上下左右反転

ズームとパン

画面を拡大することが出来ます。拡大した状態でさらに画面内を移動することができます。
細部を見せたい場合や、注目させたい場合に便利な機能です。

ズームとパン

透過率調整

重なり合った2画面を透過させることができます。

透過率調整

◀Back△PageTop

PC と接続して伸縮自在な画面レイアウト

PAP(ピクチャ・アサイド・ピクチャ:メイン、サブを自由に配置)

下記のように両チャンネルの画面を伸縮して自由にレイアウトするには、
付属のケーブルでWindows PC と装置を接続します。

付属のソフトウェアでは直感的な画面レイアウトが可能となり、
3つのカスタムレイアウトを本体装置に記憶できます。

記憶させた後はPC から外した後も、リモコンからレイアウトを呼び出せます。

上記のようなそれぞれの画面を伸縮して重ね合わせたり自由にレイアウトするには、
付属のUSB to RS-232 変換ケーブルでWindows PCと装置を接続します。
付属のソフトウェアでは直感的な画面レイアウトが可能となり、
3つのカスタムレイアウトを本体装置にメモリーできます。

OS でのウィンドウの大きさを変える要領で自由に移動、伸縮できます。

このソフトウェアからは、リモコンの操作よりも詳細な設定が可能です(PiP 操作を除く)。
プレゼン用のPC に接続して操作しても良いので、インストールしておくことをおすすめします。

◀Back△PageTop

リモコン操作とソフトウェア操作の主な違い

リモコンで操作できる機能よりも、PC 接続時にソフトウェアから操作できる機能のほうが多く、
より細かい設定が可能となっています(必須ではありませんが、インストールしておくと便利です)。

リモコンの主な機能
  • メイン画面、サブ画面の入力切り替え
  • メイン画面、サブ画面の色調補正
  • PIP(サブの小画面)の設定
    • 3段階の大きさに設定可能
    • 任意の位置に配置可能
    • 枠の有無を設定可能
    • 枠の色と幅を設定可能
  • 上下反転表示
  • 左右反転表示
  • PIP、フルスクリーン、
    PAP(3つのカスタムレイアウト)の切り替え
  • メイン画面とサブ画面の内容を入れ替え
  • 透過率を変更して重ね合わせ表示
  • メイン画面のフリーズ(静止画)
  • サブ画面のフリーズ(静止画)
  • ズーム、パン
  • 出力先の解像度指定
できない事
  • 複雑な画面レイアウト
  • 2画面のどちらかの可視/不可視の切り替え(フルスクリーンのソース切り替えで表現することは可能)

ソフトウェアの主な機能
ソフトウェアはリモコン機能に加えて下記の機能を持っています。
  • PAPモードのカスタムレイアウトを作成して3つまで本体装置に記憶可能。
  • メイン画面だけを不可視にできる
  • サブ画面だけを不可視にできる
  • 設定をファイルとして保存できる
  • その他いくつかの詳細設定

リモコン操作がメインで、PAP のカスタムレイアウトを使いたい場合は、
作成・記憶させるときだけPC接続すればよいです。

3つのカスタムレイアウトは装置に記憶されるので、
以降はPC接続しなくてもリモコンからカスタムレイアウトを呼び出すことができます。
ソフトウェアの機能の詳細はマニュアルをお読みください。

△次の項目へ

ご質問、ご要望等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

メール info@attainj.co.jp

「J-MPV-100」用途別接続例

「J-MPV-100」は、会議室でのプレゼンやミーティング、
教室での授業、広い会場での発表会、講義、講演、セミナー、講習会、
スピーチプロンプターなど、様々なシーンで活躍します。

入出力機器のすべての組み合わせ例

「J-MPV-100」は付属の変換アダプターやDVI to DVI/VGA 分配ケーブル
(さらに別売のHDMI to DVI 変換アダプター)を使用することで
様々な多くの機器を接続することが可能です。
ここでは入出力機器と付属品のすべてを使用した配線を確認できます。

配線図を見る

会議室等でのプレゼンやミーティング、あるいは教室での授業

入力1(DVI)=PC(資料1)
入力1(VGA)=PC(資料2 あるいはPC 操作の実演など)
入力2(VGA)=PC(資料3 あるいはお客様や生徒のPC)
出力(DVItoHDMI)=大型液晶テレビや電子黒板やプロジェクター

広い会場でのプレゼン(発表会)・講義・セミナーなど

入力1(HDMItoDVI)=ビデオカメラ(登壇者顔撮影用)
入力2(VGA)=PC(資料等)
出力(VGA)=PC モニター(PC 操作者や撮影者側の確認用)
出力(DVI)=プロジェクター(聴衆側用。投影は壇上のスクリーン)

書画カメラや顕微鏡カメラを用いた授業(講習会)

入力1(VGA)=PC(読み上げ原稿表示用)
入力2(VGA)=PC(登壇者への緊急メッセージ表示用)
出力(VGA)=左プロンプターのモニター
出力(DVI)=右プロンプターのモニター

スピーチプロンプターシステムに必要な機材が全て接続可能

入力1(VGA)=PC(読み上げ原稿表示用)
入力2(VGA)=PC(登壇者への緊急メッセージ表示用)
出力(VGA)=左プロンプターのモニター
出力(DVI)=右プロンプターのモニター

△次の項目へ

ご質問、ご要望等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

メール info@attainj.co.jp

「J-MPV-100」製品仕様

基本性能解説

DVI、VGA、コンポーネント(Y・Pb・Pr)、コンポジットの4つの端子に対応しており、
PC(アナログ、デジタル)、DVR、NTSC/PAL アナログビデオソースなどの
映像信号への入力が可能です。
接続された映像入力ソースのうち2つを選択し、1画面内に表示させることができます。
1つはメインビデオウィンドウに、もう片方はPIP サブウィンドウに割り当て、
2つの映像を別々に、もしくは重ねて映し出すことができます。

内蔵されているビデオスケーラーは、入力ソース映像信号をアナログ、デジタルフォーマットの
両方にクロスコンバートでき、モニター、フラットパネルディスプレイ、プロジェクターの
実効解像度に簡単に合わせることができます。

アナログ (VGA) とデジタル(DVI) フォーマットの2 出力が可能で、
片方の出力はプロジェクターや大型液晶(デジタルサイネージ、 電子黒板)に、
もう片方は確認用としてその場のPCディスプレイに接続すると良いです。
また出力設定は、WUXGA (1920x1200 ピクセル)
または最大1080p のHD 解像度にいたるまで自由に選択できます。

◀Back△PageTop

特徴
  • 多機能デジタルビデオスケーラーとPIP ビデオ装置
  • デジタルDVI-D 出力とアナログVGA 出力が同時に可能な
    プロフェッショナルマルチビュービデオミキサー
  • 内蔵されたデュアルHD 映像スケーリングエンジンによって、
    様々な映像フォーマットで簡単にクロスコンバートが可能。
    DVI、VGA、HD コンポーネントYPbPr 映像、SD コンポジット映像をDVI-D、
    VGA の両タイプに変換し、最大1920x1200 ピクセルまたは1080p までの出力ができます。
  • 幅広い範囲のデジタル解像度での出力に対応した
    高機能のアナログ・デジタル映像フォーマットの変換器です。
    どんなSD/HD 入力も、選択可能なHD またはコンピューターRGB 映像解像度の中で
    アップスケール・ダウンスケールが可能で、
    ユーザーディスプレイの実効解像度・フォーマットに合わせて最高の画質で表示します。
  • 640x480 ピクセルから1920x1200 ピクセルのコンピューターDVD-D とVGA 型RGB 入力に対応。
  • 480i から1080i または1080p までのHD コンポーネントYPbPr 映像とコンポジット映像入力に対応。
  • IR リモートコントロールまたはコンピューターとのRS232 接続によって、PIP、PAP、フルスクリーンモードの自在な切替が可能。
  • RS232 ソフトウェアを通じて、PIP・PAP 映像のウィンドウサイズと位置の変更が可能。
  • メイン映像チャンネル、サブチャンネルそれぞれで映像静止操作が可能なため、詳しいプレゼンテーションの際はビデオ フレームを長時間静止またはキャプチャすることができます。
  • 映像チャンネルを簡単に切り替えられるSWAP 機能付き。リモートコントローラー上の「SWAP」ボタンを押すだけでスクリーンディスプレイに表示されるメイン映像チャンネルとPIP サブウィンドウが簡単・即座に入れ替えられます。
  • 出力映像のウィンドウサイズと位置の選択、左右・上下反転、ズーム・パン、透過率の調整が可能。
  • ユーザーフレンドリーな環境設定と操作を可能にする、手軽なオンスクリーンOSD 設定メニュー。
  • 出力映像のインターレース解除とノイズ軽減が異なるレベルで実行可能。
  • 画像パラメーターで明るさ、コントラスト、色温度などが調整可能。設定したレイアウトはフラッシュメモリーに自動保存されます。
  • 画像パラメーター調整とレイアウトはファイル保存が可能なので、のちの使用の際に再現できます。
  • フル機能のIR リモートコントローラー付き。
  • RS232 コンソールポートを通じた高度なコントロールと遠隔操作に対応。
  • RS232 コントロールソフトウェアはWindows98、Windows2000、Windows Vista、Windows Me、Windows7 に対応。
  • 自動パワーセーブモードあり。

◀Back△PageTop

技術仕様
使用目的
マルチプレクサー、ビデオプロセッサー
映像入力
VGA In x 2 + DVI In x 1 + コンポーネントYPbPr x 1 + コンポジットIn x 1 + 1x RS-232
映像出力
DVI-D Out x 1 + VGA Out x 1
HDCP
非対応
ビデオバンド幅
DVI-D [Single-link 4.95Gbps]
VGA [165MHz]
コンポーネントYPbPr [30MHz]
コンポジットビデオ[13.5MHz]
最大映像解像度
1080P/60Hz または1920x1200@75Hz
オーディオ
非対応
遠隔操作
RS-232、IR リモートコントロール
スクリーン分割モード
PIP / PAP

入力TMDS
信号
1.2V [ ピークピーク値]

ESD 保護
ヒューマンボディモデル̶ ±15kV [ 気中放電] & ±8kV [ 接触放電]
PCB スタックアップ
6 レイヤーボード [ インピーダンスコントロール̶ 差動100W;
シングルエンド 50W]
IR リモートコントロール
電気的光学的特性: t = 25° /
キャリア周波数: 38kHz
DVIコネクター
DVI-I [29 ピンメス、デジタルのみ]
VGA
コネクター
HD-15 [D-Sub15 ピンメス]

RS-232
コネクター
DE-9 [D-sub 9 ピンメス]

RCA
コネクター
75W

◀Back△PageTop

機械仕様
ハウジング
金属製
本体寸法
幅180 x 奥行103 x 高さ23mm
設置方法
壁取付け型
供給電源
5V 4A DC
消費電力
10 ワット以下
動作温度
0~40°C
保存温度
-20~60°C
湿度
20~90% ※結露なきこと
パッケージ内容
  • 1x J-MPV-100(本体)
  • 1x DVI to DVI/VGA 分配ケーブル
  • 1x VGA to コンポーネントYPbPr 分配ケーブル
  • 1x VGA to DVI 変換アダプター
  • 1x USB to RS232 変換ケーブル
  • 1x 5V DC アダプター
  • 1x IR リモートコントローラー
  • 1x インストールソフトウェアCD
  • 1x 取扱説明書
入出力対応解像度一覧

DVI/VGA/ ビデオ入力/ YPbPr コンポーネント(IN1)

推奨モード: 推奨解像度
  • NTSC/480I/525I : 720x240 @60Hz
  • PAL/576I/625I : 720x288 @50Hz
  • 480P/525P : 720x483 @60Hz
  • 480P (16:9) : 960x483 @60Hz
  • 576P/625P : 720x756 @50Hz
  • (HDTV) 720p : 1280x720 @50Hz
  • (HDTV) 720p : 1280x720 @60Hz
  • (HDTV) 1080i : 1920x1080 @50Hz
  • (HDTV) 1080i : 1920x1080 @60Hz
  • (HDTV) 1080p : 1920x1080 @30Hz
  • VESA : 720x400 @85Hz
  • VESA : 640x350 @85Hz
  • VESA : 640x400 @85Hz
  • IBM : 720x400 @70Hz
  • IBM : 720x350 @70Hz
  • IBM : 640x350 @70Hz
  • IBM : 640x400 @70Hz
  • VESA : 640x480 @60Hz
  • MAC : 640x480 @67Hz
  • VESA : 640x480 @72Hz
  • VESA : 640x480 @75Hz
  • VESA : 640x480 @85Hz
  • VESA : 800x600 @56Hz
  • VESA : 800x600 @60Hz
  • VESA : 800x600 @72Hz
  • VESA : 800x600 @75Hz
  • VESA : 800x600 @85Hz
  • MAC :  832x624 @75Hz
  • VESA : 1024x768 @60Hz
  • MAC : 1024x768 @60Hz
  • VESA : 1024x768 @70Hz
  • IBM : 1024x768 @72Hz
  • VESA : 1024x768 @75Hz
  • MAC : 1024x768 @75Hz
  • VESA : 1024x768 @85Hz
  • VESA : 1152x864 @75Hz
  • MAC : 1152x870 @75Hz
  • SUN : 1152x900 @66Hz
  • SUN : 1152x900 @76Hz
  • VESA : 1280x960 @60Hz
  • VESA : 1280x960 @85Hz
  • VESA : 1280x1024 @60Hz
  • HP : 1280x1024 @60Hz
  • IBM : 1280x1024 @67Hz
  • HP : 1280x1024 @72Hz
  • VESA : 1280x1024 @75Hz
  • SUN : 1280x1024 @76Hz
  • VESA : 1600x1200 @60Hz
  • VESA : 1920x1200 @60H
VGA(IN2)
推奨モード: 推奨解像度
  • VESA : 640x480 @60Hz
  • VESA : 800x600 @60Hz
  • VESA : 1024x768 @60Hz
  • VESA : 1280x1024 @60Hz
  • VESA : 1600x1200 @60Hz
  • VESA : 1920x1200 @60Hz
DVI/VGA(OUT)
推奨モード: 推奨解像度
  • (HDTV) 720p : 1280x720 @50Hz
  • (HDTV) 720p : 1280x720 @60Hz
  • (HDTV) 1080p : 1920x1080 @60Hz
  • VESA : 640x480 @60Hz
  • VESA : 800x600 @60Hz
  • VESA : 1024x768 @60Hz
  • VESA : 1152x864 @75Hz
  • VESA : 1280x1024 @60Hz
  • VESA : 1280x1024 @50Hz
  • VESA : 1280x768 @60Hz
  • VESA : 1366x768 @60Hz
  • VESA : 1400x1050 @60Hz
  • VESA : 1400x1050 @50Hz
  • VESA : 1152x864 @75Hz
  • VESA : 1600x1200 @60Hz
  • VESA : 1920x1200 @50Hz
  • VESA : 1920x1200 @60Hz

△次の項目へ

ご質問、ご要望等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

メール info@attainj.co.jp

◀Back△PageTop