ビデオ制作
プロモーションビデオ
ビデオ撮影
セミナー撮影
映像編修
ビデオ編集
PIP
ストリーミング
撮影スタジオ
DVDオーサリング
映像変換
VTRコピー・変換
中国語韓国語ナレーション字幕
ナレーション収録

フラッシュ制作
 ・ Flash動画制作
 ・ 携帯Flash制作
 ・ Flash Lite制作注意点
  - 初級制作例:待受画面
  - 初級制作例:クイズ
パワーポイント制作
 ・ パワーポイントデザイン
 ・ パワーポイント動画
 ・ イラスト・テンプレート
 ・ 学会パワーポイント
マルチメディア制作
ホームページ制作
デザイン・出力
電子出版
   
 | CD/DVD制作 | 映像制作 | eラーニング | 開発/構築 | マーケティング | アウトソーシング | アテインの商品 |
 アテイン株式会社  > 映像制作  > Flash制作  > 携帯Flashで待ち受け画面を作る
 

 


携帯Flashで待ち受け画面を作る(Flash Lite 1.1)

 

 
ここでは、flashlite1.1に対応するほとんどの携帯で動作する簡単な待ち受け画面の作り方の要点をまとめておきます。

・新規作成
新規作成
ここでは色々と扱う機会の多いいわゆるQVGAサイズを基本としました。


・フレームレートの設定と確認
画面下部のドキュメントプロパティ設定
フレームレート設定
パブリッシュ設定を確認
flashliteコンテンツの制作に限っては、アクションパレットのツールボックス内と同じバージョンを指定すること。
バージョンが違うと、メソッドによってはオプション記述方法に違いが出る場合があるので、必ず対象のデバイスに応じたバージョンを事前に選択しておくこと。


・アニメーションさせるイラストを描き、シンボル化
シンボル化
2種類のアニメーションが、起動の度にランダムで表示される待ち受けです。

図


・1フレーム目

スクリプト

まず1行目を説明します。
この行では0以上1未満のランダムの数字を作りだします。

作り出されたランダムの数字はrnd(アールエヌディー)という変数に入ります。この名称は任意ですので、例えばabcなどでも問題ありません。ですがabcでは何のことかわからなくなってしまうかもしれませんよね。なので変数名は自分が後から見てわかりやすい名前にしておいたほうが良いでしょう。

次に2行目です。「if」(イフ)とあります。「if」とは「もしも」という意味です。そして「<」は「より小さい」という意味です。つまりここでは、
「もしもrndが0.5より小さかったら」という意味になります。そしてその後に
「もしもrndが0.5より小さかったら」起こる出来事を括弧の間に書きます。
つまりrndの中身が0.5より小さかった時に3行目が実行されるということです。

その出来事は3行目「フレームラベル“machi1”から再生する」という内容です。

そして「else」(エルス)と続きますが、この「else」は、「それ以外」と言う意味になります。
つまりこの場合は「rndの中身が0.5より小さくなかった時」になります。
その時に4行目「フレームラベル“machi2”から再生する」が実行されるということです。


こちらでも同じことです
スクリプト


・2フレーム目
2画面


・10フレーム目

スクリプト

このフレームまできたら
machi1から再生される


・12フレーム目
12画面 ・20フレーム目

スクリプト

このフレームまできたら
machi2から再生される


■■■ 動作確認 ■■■

Ctrl + Enter を押すとデバイスセントラルで動作確認ができます。何度か動かし直していると、右回りと左回りのアニメーションがランダムに表示されることが確認できるでしょう。
画面

・fscommand2関数

先ほど作った待ち受けを、fscommand2関数を使って少し改造してみましょう。

1フレーム目の1行目と2行目のActionScriptの記述をこのように変えてみましょう。
スクリプト

1行目は「今日の曜日」を0から6の値でweekという変数に入れる、という意味です。
0は日曜日、1は月曜日、6は土曜日という風に表されます。

2行目のイコールが2つは「左と右の値が等しい場合は」という意味です。つまり
「もしも日曜日だったら」という意味になります。
日曜日の時だけmachi1の待ち受け画面を、それ以外の曜日の時はmachi2の待ち受け画面が表示されるといったことになるわけです。


―――― fscommand2() の主なコマンド ――――
年・月・日・曜日・時・分・秒、の取得はこの通りです。
Flash Lite 2の場合は記述が異なります。Flash Lite 2でパブリッシュする際は記述を変更してください。

nowYear = fscommand2("GetDateYear");
(Flash Lite 2の場合 nowYear = new Date().getYear(); )
nowMonth = fscommand2("GetDateMonth");
(Flash Lite 2の場合 nowMonth = new Date().getMonth(); )
nowDay = fscommand2("GetDateDay");
(Flash Lite 2の場合 nowDay = new Date().getDate(); )
nowWeek = fscommand2("GetDateWeekday");
(Flash Lite 2の場合 nowWeek = new Date().getDay(); )
nowHour = fscommand2("GetTimeHours");
(Flash Lite 2の場合 nowHour = new Date().getHours(); )
nowMin = fscommand2("GetTimeMinutes");
(Flash Lite 2の場合 nowMin = new Date().getMinutes(); )
nowSec = fscommand2("GetTimeSeconds");
(Flash Lite 2の場合 nowSec = new Date().getSeconds(); )

注)デバイスがサポート外のコマンドを使用した時には-1が返ります。
注)左辺の変数名は任意のものです。

―――― fscommand2() の主なコマンド ――――
日付や時間以外の情報取得は下記のようになります。

GetMaxBatteryLevel
デバイスの最大バッテリーレベルを返します。
例)maxbattLevel = fscommand2("GetMaxBatteryLevel");

GetBatteryLevel
現在のバッテリーレベルを返します。
例)nowbattLevel = fscommand2("GetBatteryLevel");

GetMaxSignalLevel
現在の最大の信号の強さを数値として返します。
例)maxsigLevel = fscommand2("GetMaxSignalLevel");

GetSignalLevel
現在の信号の強さを数値で返します。
例)nowsigLevel = fscommand2("GetSignalLevel");

GetPowerSource
現在、バッテリーを電源としているか、外部電源を使用しているかを示す値を返します。
myPowerに0が返ったならバッテリー電源で動作しています。
myPowerに1が返ったなら外部電源で動作しています。
例)myPower = fscommand2("GetPowerSource");

StartVibrate
携帯端末のバイブレータ機能を作動させます。
下の例では2秒間オン、1秒間オフのバイブレーションを2回繰り返します。
例) fscommand2("StartVibrate", 2000, 1000, 2);

StopVibrate
バイブレータが動作している場合に停止します。
例) fscommand2("StopVibrate");

注)デバイスがサポート外のコマンドを使用した時には-1が返ります。
注)左辺の変数名は任意のものです。
------------------------------------------------------------

それでは応用問題です。前頁までの情報を元に、下記のコードを読み解いてみましょう。

スクリプト

回答

満充電の時はmachi1を、それ以外の時はmachi2が表示されますね。



ではこちらはどうでしょうか。

スクリプト


回答

スクリプト
時刻が3 時から15 時の間であればmachi1 へ。
それには該当せずに、電波状態が最高だったなら、ランダムでmachi1 かmachi2 へ。
上記2つに該当しなかったなら白い画面のまま停止。
と、なります。


このようにif 文は「それ以外なら」「それ以外の時にこうであるならば」と続けて記述するこ とができます。
色々と差し替えることによって仕組みが理解できてくると思います。

 

 

 

 

 

 

ご質問、ご要望等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちらへ TEL:03-3255-4721

 アテイン株式会社 東京都千代田区神田須田町2-19-8 (C)1992-2011 Attain Corp.